ウォールステッカーの貼り方/はがし方

ウォールステッカーが貼れる場所

壁紙に
ガラスに
タイルに
車に
デスクに
冷蔵庫に
物置に
スマホに

壁紙クロス、窓ガラス、鏡、タイル、トイレのタンク、ユニットバス、ドア、家具、家電、冷蔵庫などに使用いただけます。
多少デコボコがあっても使用できますが、平らな面のほうがよりきれいに貼ることができます。
貼り付ける素材によって粘着力が異なります。

参考: 車ステッカーとウォールステッカーの違い

ウォールステッカーが貼れない場所


ペンキ塗り、木製品、漆喰など塗装しているものは、はがす時に壁材もはがれてしまうことがあります。
紙製壁紙、襖などの紙製のものも同様です。
水回りでデコボコのある面ではご使用いただけません。
また土・砂壁などザラザラした面、布などの繊維が含まれる面、障子の和紙などデリケートな素材面にはご使用いただけません。

ウォールステッカーの貼り方

[1]壁をふいてください!

貼りたい面の汚れをふき取り、からぶきして乾かします。

汚れや水分が残っていると、ステッカーの粘着力が弱まります。

壁をふかなかったら・・・?

汚れや水分がついている場所に貼ると、粘着力が弱まり使用できなくなる場合があります。

特に大きいパーツだとはがれやすくなりますので、ご注意ください。

[2]あとは貼るだけ!

パーツを台紙からはがし、中に空気が入らないように、ゆっくりと貼っていきます。中央から外へ空気を逃がすよう乾いたタオルなどで押さえながら貼るとうまくいきますよ。大きいパーツは台紙からはがしながらだと貼りやすいです。パーツは、重ね貼りができます♪

ドライヤーなどの温風で温めながら貼ると、粘着力が上がります。

ウォールステッカーのはがし方

失敗しても大丈夫!

貼りなおし可能ですので、失敗してもやり直しができます。

ただし貼り直しのたびに粘着力は弱まります。

また、ガラスやタイルなどはピッタリついてしまいますので、はがす際にステッカーが折れたり伸びてしまう事があります。

壁紙などに貼ると表面の粉が多少つくことがありますが、また貼れます。

長期間貼ったステッカーをはがす際の注意点

ウォールステッカーは貼り付ける素材によって粘着力が異なります。

なるべく壁を傷つけないようにするために、ドライヤーで温めながらゆっくりとめくられることを強くオススメいたします。



  • 2014/01/18 03:14:14